低温トリートメントドライヤーとキューティクル

低温トリートメントドライヤーとキューティクル

低温トリートメントドライヤーの最大のメリットは、髪のキューティクルをしっかり守ることができるということです。

 

キューティクルというのは、髪の毛の一番外側にある層のことを言います。魚のうろこのように、何層にも重なりながら髪の毛の内部を外部刺激から保護してくれています。キューティクルが整っている状態は、当然髪の毛にとって良い状態で、手で髪の毛を梳かした時に引っかかりを感じることがありません。逆にキューティクルが傷んでいると髪の毛通りがひっかかってしまったり、また指通りも悪く引っかかって感じます。

 

キューティクルが傷んでくると、光が当たったときにきれいに反射せずに、髪の毛にツヤが見えなくなってしまうのです。いわゆるきれいな髪というのはこのキューティクルが整っている状態を言います。

 

キューティクルはタンパク質からできていますから、高温になると変質してしまいます。また、水分量が多くなると開くようになっています。湿気の強い日や、お風呂に入っている時、またドライヤーをあてているときにキューティクルは開いてしまうのです。こういったタイミングで髪をきれいに感じることはほとんどないと思いますが、キューティクルの仕組みを考えると当然なのです。

 

キューティクルは一度壊れると、その髪で治癒されることはなく、新しい髪の毛が生えてくるまでそのままになります。ですから、壊さないことが大切で、そのためにはキューティクルを熱で壊さないようにお風呂の後はケアしてあげることが大切なのです。だから、低温トリートメントドライヤーが今注目されているのですね。