寝癖に低温ドライヤー

寝癖に低温ドライヤー

寝癖が毎日ひどく、寝癖を治すために時間をとっているという方は少なくありません。忙しい朝の時間をさらに短くしてしまいますから非常に困りものです。

 

この寝癖はどうしてできるのかといいますと、水素結合にあると言われています。水素結合とは、水に濡れると結合が切れて形が変化し、乾くときに形が決定するというものだそうです。

 

この理屈から言えば、髪がしっかり乾いた状態では寝癖はつかない、ということになります。実際には寝ている間に汗をかいたりしますし、空気中の水分の影響を受けますから、完全には難しいと思いますが、髪をなるべくしっかり乾かしておくことによって軽減することができると考えられます。

 

タオルドライから低温ドライヤーがベストだという意見が専門家の中でも多いです。髪は水分と高温に弱いので、ドライヤーだけでは当然だめですし、タオルだけでは完全に乾かすことは不可能です。ドライヤーも、できれば低温のものがベストということらしいです。

 

今、そういったニーズにこたえる低温ドライヤーが人気になっていて、髪のツヤがよくなったり、クセ毛も治るとして評判です。髪のキューティクルを傷めずに済むことで、髪がしっかりと元気な状態を保ち、スタイリングもしやすくなるそうです。

 

低温ドライヤーは通常のドライヤーの約半分の温度で髪を乾かすのですが、しっかりとした風量があるために乾くのが遅いということはありません。たまに出力が弱いだけの乾きにくい商品もあるようですから注意してください。